飯田橋とは

飯田橋駅(いいだばしえき)は、東京都千代田区新宿区文京区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)のである。各駅の所在地については、駅情報テンプレート内の記述を参照のこと

乗り入れ路線

JR東日本、東京メトロおよび都営地下鉄の計3社が乗り入れ、接続駅となっている。また東京メトロの東西線、南北線が交差する唯一の駅でもある。

JR東日本の駅に乗り入れている路線は中央本線であるが、当駅には緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属しており、各路線ごとに駅番号が付与されている。

  • JR東日本
    • JB 中央・総武線(各駅停車) – 駅番号「JB 16

地下鉄路線は、東西線有楽町線南北線および大江戸線の4路線が乗り入れており、各路線ごとに駅番号が付与されている。

 

神楽坂(かぐらざか)は、東京都新宿区にある早稲田通りにおける大久保通り交差点から外堀通り交差点までの坂である。

または東京都新宿区の行政地名である。神楽坂一丁目から六丁目がある。全域住居表示未実施。#町名の変遷を参照。

なお大久保通りとの交差点が「坂上」、外堀通りとの交差点が「坂下」[4]となる。またこの地名は東京メトロ東西線神楽坂駅都営大江戸線牛込神楽坂駅など駅名にも使われている。

名称の由来

「神楽坂」の名称の由来について、「江戸名所図会 巻之四」(天保7年)によれば、この坂の右側に高田穴八幡の旅所があり、祭礼で神輿が通るときに神楽を奏したからとも、「若宮八幡の社」の神楽の音がこの坂まで聞こえたからともいわれる。 また、「改撰江戸志」 (原本は残っておらず成立年代は不明だが文政以前にすでに存在が確認されている) には、津久戸明神元和の頃に牛込の地に移転した時、神輿が重くてこの坂を上ることができなかったが、神楽を奏すると、容易に上ることが出来たため、この時より「神楽坂」の名が付いたと記されている

水道橋駅(すいどうばしえき)は、東京都千代田区神田三崎町二丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)と、文京区後楽一丁目にある東京都交通局都営地下鉄)のである

JR東日本と都営地下鉄の計2社が乗り入れ、接続駅となっている。また、各路線ごとに駅番号が付与されている

LINE IDをコピーしました

LINEを開く

友達登録してください